スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







マージンコールの仕組みと対応策


FX取引は基本的にもしレバレッジを1倍に設定して取引している場合
は全く問題ありませんが、この時につい忘れがちなのがFX取引業者
に証拠金を預けているという点です。



もし預け入れた証拠金に対してレバレッジをかけてFX取引を行なって
いる場合は証拠金が元になっているということを忘れてはなりません。
大きく相場が動く時には一気に飲み込まれてしまいます。



証拠金とはFX取引するための最低預入金額です。FX取引を実際に
行なうためにはFX取引会社に対して設定されている一定水準以上の
金額を預け入れる必要があるのです。



ですので、FX取引会社に取引口座を開設しても必要とされる証拠金
を預け入れない限りFX取引を始めることはできないのです。



また、一定の証拠金をおさめても、実際にFX取引を行なっている間に
損失が膨らみ、証拠金が減ってしまいますと、追加で証拠金を預け入
れなければならないこともあります。



ちなみに、追加で証拠金を預け入れることをマージンコールといい、
追証ともいいます。マージンコールが発生する場面では損失を拡大
しないためにも十分注意する必要があります。



理由としては、マージンコールが発生した時点で継続するか、終了
するかを選択しなければならないからです。



取引会社の多くが証拠金の50%以上減ってしまう場面でマージン
コールが発生します。損失が膨らみ資金がなくそのまま追加で証拠
金を預け入れることができない場合は強制終了となります。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXとは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

FX 外国為替取引 外貨投資 オーストラリアドル 外国為替 外貨預金 カナダドル ユーロ 金利 FX取引 スイスフラン ニュージーランドドル 急増 投資 レバレッジ 為替 海外中銀 保有高 通貨ペア 証券会社  米ドル 豪ドル 理由 トレード 難しい 円資産 日銀短観 南アフリカランド クロス円 クリック365 スワップポイント 為替レート スプレッド 香港ドル 英ポンド サイバー攻撃 トルコリラ 証拠金取引 差金決済 インフレ IMF くりっく365 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。