スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株式投資とFX取引の比較について

よく、株とFX取引のどちらが儲かるかといった相談を受けるのですが、儲かる儲からない
は投資スキルによります。しかし、もし、これから株式投資とFX取引のどちらを選ばなけ
ればならないとしたら間違いなくを選びます。



理由としては日中仕事を持つ方の場合は株式投資は相場を直接見ることが当然のこと
ながらできません。人によってはもしかしたら出来るかもしれませんが、仕事中に株取引
を行っていることが会社にバレたら大変なことになるでしょう。



そして、自動売買プログラムがあるから、昼休み携帯電話でチェックしながら行うことも
現実的には可能です。しかし、確実に注文が実行される保証はないわけです。



加えて、仕事をしながら相場が気になってしょうがないというのでは、やはり、色々な面
で問題だと思いますのでおススメすることはできません。



しかし、FX取引の場合は、外国為替市場が24時間オープンしていることから、好きな
時にいつでも取引ができますので誰にも気兼ねする必要がありません。



もっとも、翌朝も仕事がある日には、ずっと相場に張り付くということはできないと思いま
すが、11時に帰宅したとしても、お風呂に入り、のんびりした後で取引が可能です。



実際に、相場の状態をリアルタイムで確かめながらトレードできる点がFX取引の大きな
魅力だと思います。そして、銘柄(通貨ペア)も株式投資のように多くありませんので、
銘柄分析や銘柄選びで悩むといったこともありません。



一方、取引量についてですが特に外国為替市場で取引量が多いのはロンドン市場が開始
する日本の夕方から、ニューヨーク市場が開始される夜10時前後くらいが一番取引量
が多くなりますので、こうした面でも都合が良いのです。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

人民元でFX取引する方法について


依然として人民元を取引できるFX取引会社は『ひまわり証券』など、数社に限られていま
すが、将来的には香港ドルを上回る取引量を誇る通貨になることが予想されています。



ご存知の通り、中国は今、世界でもっとも成長している国です。人口は日本の約13倍の
13億人で、年に8%前後の成長を示しています。



これほどまでに高い経済成長率を数十年も続くことはないと思いますが、アナリストの中
には人民元の取引量が円を近い将来上回ると予想する声が少なくありません。



こうした背景には、ここ数年での経済的影響が世界に色濃く反映されることになった
からで、特に国際商品の市場に大きな影響が既に出始めております。



そして、エネルギー市場におきましても、中国の人口の多いことと、国民の生活水準
加速的に高まった結果、原油の輸入および穀物の需要も大きく拡大しました。



また、中国はインドと並んで伝統的に金需要が高い国なので金属資源、金属加工品に
おきましても、後数年で世界のトップに上り詰めるであろうことが予想されます。なので、
人民元で運用する旨みは今後も高まると思います。



北京オリンピックは終わってしまいましたが2010年に上海万博が控えています。人民元
を外貨投資するのはFXが一番現実的です。



外貨預金で取り扱っている金融機関は今のところ皆無です。ですので人民元を購入する
のは結構難しいのですが、国内から現地の信用のある銀行で口座開設出来ます。



FX取引であれば米ドルが暴落したところで少しずつ買いましながら長期保有でスワップ
ポイントを稼ぐ取引が有効です。数年後には大きく資産が拡大することが期待できます。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 香港ドル

FXとは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

FX 外国為替取引 外貨投資 オーストラリアドル 外国為替 外貨預金 カナダドル ユーロ 金利 FX取引 スイスフラン ニュージーランドドル 急増 投資 レバレッジ 為替 海外中銀 保有高 通貨ペア 証券会社  米ドル 豪ドル 理由 トレード 難しい 円資産 日銀短観 南アフリカランド クロス円 クリック365 スワップポイント 為替レート スプレッド 香港ドル 英ポンド サイバー攻撃 トルコリラ 証拠金取引 差金決済 インフレ IMF くりっく365 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。