スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金の方がFXよりもリスクが高い!


今回は外貨預金とFXの比較について誠に簡単ではございますが解説させていただきます。基本的に
外貨預金の為替レートは、買値と売値がありまして、その間に仲値というレートが存在します。


当然のことながら「買値は買う値段」、「売値は売る値段」であると、これらの意味はすぐに理解できま
すが、仲値といわれても恐らく何のことだか見当もつかないと思います。


外貨預金は、投資家と銀行の間で、この仲値を中心に取引されます。例えばもし、米ドルで外貨預金
するのであれば、まず、円で米ドルを買います。そして米ドルを預金する形を取ります。


そのさいに、仲値よりも1円円安に設定されているTTSレートが適用されます。一方、米ドルから日本円
に両替する場合は仲値から1円円高のTTBというレートが適用されます。


ですので、上述したケースの場合は1ドルを売り買いする場合、往復で2円手数料がかかることになり
ます。当然のことながら、この両替するさいの手数料は銀行側の利益になります。


もし、為替レートが1ドル=100円で、100万円で1万ドルに両替すると、為替手数料が1万円かかり
ます。そして、往復で2万円もかかります。つまり、2円以上円安がにならないと利益がでません。


そして、豪ドルやニュージーランドドルの場合は取引量が米ドルほど多くありません。このため、為替
手数料がより割高に設定されているので、より注意しなければなりません。


一方で、FXは米ドルで往復2~5銭程度です。FXでは外貨預金の為替手数料にあたるのがスプレッド
です。スプレッドは年々値下げされています。ですので、圧倒的にFXの方が運用効果が高いんです。


FXがリスクが高いとされているのは、レバレッジがかけられるからです。しかし、外貨預金でもFXでも
為替リスクがあります。大きく動く場面では一旦円に戻す必要があります。そうした場面で外貨預金の
ように手数料が高いと大損することになります。こうした面でFXの方が圧倒的に有利です。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 外貨預金 FX

FXとは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

FX 外国為替取引 外貨投資 オーストラリアドル 外国為替 外貨預金 カナダドル ユーロ 金利 FX取引 スイスフラン ニュージーランドドル 急増 投資 レバレッジ 為替 海外中銀 保有高 通貨ペア 証券会社  米ドル 豪ドル 理由 トレード 難しい 円資産 日銀短観 南アフリカランド クロス円 クリック365 スワップポイント 為替レート スプレッド 香港ドル 英ポンド サイバー攻撃 トルコリラ 証拠金取引 差金決済 インフレ IMF くりっく365 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。